Skip to main content

主な加硫促進剤は何ですか?

加硫促進剤は主に3種類で、チウラム、メルカプトベンゾチアゾール(MBT)、ジチオカルバメート(カルバミン酸)があり、一般的に、これらの化合物質を単独または混合して、手袋の製造過程で使用します。6

加硫促進剤の残留物は使用者を感作し、化学物質アレルギー反応を引き起こすため、重大な問題になっています。

化学物資アレルギーの大部分(80%)は、加硫促進剤グループ、特にチウラムとジチオカルバメートが誘発します。6

 

チウラム 加硫促進剤に関連する皮膚刺激の60%を占める3

一 般的にゴムの加硫剤は硫黄ですが、硫黄供与体として、チウラムなどを使用するのが効果的です。チラウムを含む製造法では、より高い生産性で手袋を製造する ことが可能で、手袋の総コストを削減することができます。一方で、チラウムは最も一般的な化学物質アレルギーの主な原因とされています。1-6-13-15

 

ジチオカルバメート/カルバミン酸 加硫促進剤に関連する皮膚刺激の30%を占める3

ジチオカルバメートは硫黄を吸収し、手袋材料に浸透させることにより架橋結合と硬化を促す働きがあります。ジチオカルバメートには34種類以上の化合物があります。その中に含まれる亜鉛は、天然ゴムと合成ゴムに加硫促進剤を溶解させ、硫黄と反応させるのに重要です。3-13

 

メルカプトベンゾチアゾール(MBT)加硫促進剤に関連する皮膚刺激の1~5%を占める3

MBTは亜鉛と良好に反応して、硫黄による架橋結合を補助し、手袋の引張強度を強化します。この化合物グループによる感作率は他の加硫促進剤グループより低くなっています。3-13