Skip to main content

化学物質アレルギーが職場に与える影響

FACT

化学物質アレルギーは、アレルギーの中でも広範囲に及び、職業的に引き起こされる皮膚疾患の約30%を占めております。14-21-22-24 

米国労働安全衛生庁(OSHA)に報告される職業疾患で2番目に多い疾患です。24 

アレルギー性接触性皮膚炎は身体の最も効果的なバリアである無傷の皮膚を傷つけるため、血液媒介性の病原体による感染リスクが高くなります。

また、真皮が破壊されると、身体内にラテックスたん白質が侵入しやすくなるため、ラッテクスたん白質に対して一層、過敏になる人がいます。

16-17-19-2