Skip to main content

化学物質アレルギーとは?

FACT

化学物質アレルギーは、手袋の製造過程で使用される化学物質が手袋に残留し、 その残留化学物質に対して免疫反応が引き起こされることにより生じます。6-16-25

アレルゲンとなる化学物質が皮膚に浸透すると、接触した皮膚部分に水疱、紅斑、腫脹、ひび割れ、痒み等が生じることがあります。

この皮膚炎は多くの場合、接触領域を超えて広がります(例えば、手袋を装着した医療従事者の前腕に広がります)。16  

反応は遅延型で、通常、最初に接触してから648時間後に発症しますが、症状は最大4日間継続します。7-15-19-21

連続的に曝露すると、乾燥、過敏、ひび割れ、紅斑を伴う痒みなどの症状が現れる慢性皮膚炎になります。21   

アレルギー性接触性皮膚炎(化学物質アレルギー)はラテックスアレルギーより一般的で、ラテックスアレルギーを有する患者の40

ラテックスアレルギーを発症する先にアレルギー性接触性皮膚炎(化学物質アレルギー)を発症しています。16