Skip to main content

化学物質アレルギーの原因は?

FACT

手袋に残留する化学物質は、多くの場合、化学物質アレルギーを引き起こします。

手袋に関連すると報告された接触性皮膚炎の80は加硫促進剤が原因です。15,26

手袋の製造過程で使用される化学物質は大きく分けて、加硫促進剤、界面活性剤、安定剤、酸化防止剤、難燃剤、充填剤、

増量剤などに分類されます。

皮膚炎の大部分は加硫促進剤のグループの中でも特に、チウラムやジチオカルバメートが原因で、チアゾール、アミンアルデヒド、

グアニジンがこれらに続きます。6-16-17-19-25

臨床的実態として、全医療従事者に占めるラテックスアレルギーの割合が12である一方19、化学物質アレルギーは30を占め21-22-24

その80が加硫促進剤が原因であったことが示されています15,26