Skip to main content

化学物質アレルギー対策はありますか?

FACT

あります。

医療従事者や患者のアレルギーと手袋の有害反応の対策には、正しい症状の認識と適切な措置が鍵となります。6-15-16-19-21

手袋を使用する医療従事者はすべての症状を報告するよう心掛けましょう。

再発性または持続性の皮膚炎が発症した人は、医師の診察を受け、具体的な診断結果を得て下さい。

診断は病歴、身体検査、および手袋の有害性化学物質を使用したパッチテストに基づいて行います。6-15-16-19-21