Skip to main content

天然ゴムラテックスアレルギーについて

医療現場において、手袋の着用は医療従事者の感染リスクを低減するためだけでなく、患者との交差感染を防ぐためにも必要不可欠となっています。しかし、感染性病原菌の伝播を防ぐ目的で着用する手術用手袋が原因により、皮膚に有害反応が発生してしまうことがあります。
 
手 袋による「標準的予防策」スタンダードプリコーション;SPが1980年代に導入されて以降、医療用手袋の使用はかなり増加しています。そのため、医療従 事者と患者さまが手術用手袋に曝露される頻度が増大し、多数の人に有害反応が生じています。しかし、技術が改善され、パウダーフリー手袋の開発や最新式の 製造工程によって、ラテックス反応の発症率がその後低下しています3。多数の医療従事者と患者さまにとって、ラテックスアレルギーのリスクは減少していま す3。
 
天然ゴム製手袋に対する有害反応は全身の皮膚刺激から重篤なアレルギー反応まであります4。
アレルギー発症の原因は2つに大別されます5。
1 天然ゴムラテックスに対する反応の場合
2 製造工程に使用されている他の化学物質による反応の場合
 
ラテックスは手術用手袋と他の多くの医療製品に使用されています。また、天然ゴムラテックスは衣類、手術用手袋だけではなく、おもちゃ、タイヤ、ドアや窓の密封材、弾性バンドなどの製品に含まれているので、大半の人は定期的に曝露しています。
 
手術用手袋は、天然ゴムラテックス手袋、合成ゴムラテックス手袋に大別されますが、ラテックスの特徴である弾性、快適性、強度、防護機能、耐アルコール性、経済性が考慮され、現状多くの施設において、天然ゴム製の手術用手袋が使用されています。
 
手 術用手袋が原因で発症する有害反応は、ラテックスアレルギーだけではありません。従って、ラテックス以外のアレルゲンについて認識することも重要です6。 また、その他の有害反応として、遅延型接触性皮膚炎、刺激性接触性皮膚炎、手袋のパウダーや手袋の製造時に使用されている他の感作性物質に対する反応など があります。さらに、石鹸、手洗い、研磨性の手拭きタオルの使用によって有害反応が実際に生じることがあります。アレルギーと手術用手袋の他の刺激に適切 に対処するには、正しい認識と対応が重要です。