Skip to main content

有害反応のリスクを最小限に抑えるために

全ての医療関係者を対象として、各個人のアレルギーに対する程度を評価する必要があります。したがって、化学物質や不快感を与える蒸気、頻繁に使用する器具など、職場に存在する物質に対する反応に注意する必要があります。

有害反応を示す兆候を見つけるには?

以下に示す症状のいずれかが見られた場合、アレルギーまたは過敏症にかかっている兆候である可能性があります。

  • 接触した個所の発赤や 腫れ
  • 痒み
  • 発疹
  • みみず腫れ
  • 過剰な涙
  • 鼻水、くしゃみ、痒み、セキ
  • まぶたの腫れ
  • 呼吸困難

上記の症状が繰り返し見られた場合には、医師の診察を受けることをお勧めします。

有害反応が生じた場合の処置

一般論として、上記の兆候や症状が見られた場合には、以下の処置を行うことをお勧めします。

  • 天然ゴムラテックスを使用していない合成ゴム(ラテックスフリー)手袋に切り替える。
  • 加硫促進剤を使用していない手袋か、製造中に十分な洗浄処理を行った、アレルギーの原因となる恐れのある残留化学物質の量を削減したアンセル社製手袋を使用する。
  • 定期的に肌の手入れを行う。
  • 手袋を取り外した後は、必ずきちんと手洗をする。
  • 中性洗剤を手洗いに使用する。
  • 手を濡らしてから手洗い用洗剤を使用し、使用後にきちんと洗い流す。
  • 柔らかい布やタオルで手を拭く。または、低温ドライヤーで手を乾かす。
  • 手洗い後に保湿剤を使用する。ラノリンを使用しておらず、脂肪分が少ない中性の保湿剤を選択する。
  • 指の爪の手入れをする。

リスクを最小限に抑える

刺激性接触皮膚炎 − 非アレルギー性

刺激性接触皮膚炎とは皮膚に作用する症状であり、アレルギーとは別であるという認識が必要です。手袋を使用する際には、以下の措置を講じることによって、炎症を生じるリスクを抑えることができます。

  • 原因物質との接触を最小限に抑える。
  • 定期的に肌の手入れを行う。
  • 油脂ベースのハンドクリームを使用しない。
  • パウダーフリー(粉なし)の手袋を使用する。

医師の診察を受ける場合

刺激性接触皮膚炎を発症した場合には、必ず医師の診察を受けることをお勧めします。医療従事者に最も多く観られるタイプの皮膚炎であるアレルギー性接触皮膚炎と刺激性接触皮膚炎とは、その臨床症状が良く似ているため、見た目ではどちらの皮膚炎であるか見分けることができない場合があります。